ソラの空

ミカ・ルナ・キジコの家猫生活

Category: 日常

Comment (20)  

ポッカリ

昨日はすごい雨風でした。
一番酷い時間に外に居たので、エライ目に遭いました・・(´・ω・`)

ポッカリと空いてしまったのは、心の中と家の中・・。
先月のソラの写真は、まだ観ることが出来ません。

でも、昔の元気な頃の写真を観ると、
marumarusoaso1.jpg
思わず・・、

marumarusoaso3.jpg
口元が緩みます(*´ω`*)

marumarusoaso2.jpg
「あたしが遊んでたのに・・」とでも言いたげなミカの表情、サイコーw
ソラのお腹チャックも、きれいに出てましたね〜。



残された3ニャンとは、変わらずに暮らしています。
昔のオモチャを引っ張り出しました。
mukasinoomochadekjo1.jpg
「むむ・・」

mukasinoomochadekjo2.jpg
「んぱ〜〜」

mukasinoomochadekjo3.jpg
「ムム・・」

mukasinoomochadekjo4.jpg
「うひょ〜〜♪」

mukasinoomochadekjo5.jpg
「むむ・・・・」

mukasinoomochadekjo6.jpg
「ころん」

時々、「ソラ母さん来ないかなあ・・」という感じで待ってる姿を見かけますが、
mukasinoomochadekjo7.jpg
概ね、忘れてますw

月命日の記事をアップしたあと、
mukasinoomochadekjo8.jpg
またまたブロ友さんからお花を頂きましたヽ(〃∀〃)人(〃∀〃)ノ

悲しさはだんだん薄れてきました。
それはそれでまた寂しいんですが・・。




Category: 思い出

Comment (18)  

ひと月経ちました

梅雨というのに、爽やかで良いお天気。
一年中、こういう季候だったら良いのに、ってくらい快適ですね。

先月17日、ソラが逝きました。今日でひと月ですね。
その朝、飼い主に撫でられながらの最期、
思い返したり、その時の写真を観るのはまだ辛いです。
一年くらい経てば、ソラの最期の想い出、として正視できるのかも・・。

soragaittesu1.jpg
最後、ソラ用に作ったスペース。

ハートの緑の器に入ってるのは、鰻。
水とカリカリ。
カリカリはなぜか、ミカの療法食「ドクターズケアチキンテイスト」を、
最後好んで食べていました。
ピンクベッドは、ペットシーツを敷いてあります。
一部ちょっとチッコがついているみたいですね。

これが、
soragaittesu2.jpg
生きている最後の写真になりました。
前の日の午後。
次の日に亡くなるとは、まだ考えられませんでした。


皆さんのコメントに励まされています。
ブログをやっていてよかったな、と思いました。
ペースを落として更新していきます。
3ニャンは元気です。

記事を作っていたら、「ピンポ〜ン」。
月命日をご存知のブロ友さんからのお花でした。
tukimeihama.jpg
ほんとにありがとうございます♪




Category: 日常

Comment (19)  

切ないミカ

ソラが逝ってもうすぐひと月。
若い猫を見送る、という経験が初めてなので、
ショックを引きずっている感じです。
中でも、「あの時ああしていれば」、が一番引きずられる想いで、
「みすみす死なせてしまった」のではないか、という後悔が、
気持ちを落ち込ませます。


ただ、「現在の猫の寿命を考えると短かかった」けれども、
高架下に捨てられ、巡り巡ってウチまでたどり着いたソラ、
「ウチに来てからの7年間の生活は、幸せだっただろう」、
という自分なりの解釈へ想いは帰着して、納得させています。

ソラといえば、
nekomjjgk1.jpg
猫村さん。

nekomjjgk2.jpg
手足の細さに比べて、胴体が寸胴なのが特徴w

nekomjjgk3.jpg
あと、10年・・。

nekomjjgk4.jpg
いや、せめて5年でも、一緒に暮らしていたかったです。

ミカの、
nekomjjgk5.jpg
苦し紛れの右フックがクリーンヒットした、お気に入りの写真♪

nekomjjgk6.jpg
毎日がこんなだったなあ・・。

またまた、
yarikiren0.jpg
お花を贈っていただきました。

ここのところミカは、
yarikiren1.jpg
3ニャンのフェルト人形の下にあるダンボールに、入り浸り。
でも、飼い主が階下の仕事場に行くとついて来ちゃうので、
仕方なくこのダンボールも移動してあげると、そこに入っています。

ソラが亡くなる直前まで、
zuttoissyodl.jpg
こうしてくっついていた存在が居なくなって、
戸惑っているのかもしれませんね。
切ないです。

あ、
yarikiren2.jpg
ウインドウベッドもまだ人気です。

ルナは、変わりありません。
yarikiren3.jpg
いつも、例によって、

yarikiren4.jpg
飼い主に遊んでもらおうと、

yarikiren5.jpg
画策していますw

先日いただいた、
yarikiren6.jpg
初物、しまねこさん謹製しま汁キッカー♪

yarikiren7.jpg
ミカは相変わらず、ちょっと舐めては「ざっざ」と埋めますw

yarikiren8.jpg
キジコはウットリ〜〜♫

とりとめのない記事ですみません・・。




Category: 日常

Comment (20)  

そして梅雨へ

ソラが逝って三週間経ちました。
今でも、後悔と悲しみは消えることはありませんが、
ソラと一緒に暮らしていた時間、
なんだか、遠い昔のことのようにも思えてきます。

ごはんの器が三つから二つへ。
トイレの掃除も、3ニャンから2ニャンになり、ずいぶん楽になってしまいました・・。
(キジコは別のトイレ。)

madakigahj8.jpg
たくさんのブロ友さんから、お花や贈りものを頂きました。
ちゃんとおひとつおひとつご紹介と感謝を申し上げるべきではありましたが、
なんだか気力のないまま時間だけが経ってしまい、申し訳ありません。
今朝、最後のお花はこんなかんじになりました。

madakigahj1.jpg
先月は春というより、ずっと初夏のような季候でしたね。

madakigahj2.jpg
キジコはリビングに入り浸っていますw

madakigahj4.jpg
ルナは、ダイニングの窓辺で、飼い主に尻トンを要求するのが日課になりました。
・・近すぎて撮れない、の図。

madakigahj3.jpg
ミカはやっぱり寂しそうです。
以前は、階下の仕事場にやって来ても、
ソラのそばに置いてあげるともうそのまま戻ってこなかったのですが、
今は、ずっと仕事場に居ようとします。
拠り所が無くなっちゃったんですね。
しばらくはそれに付き合ってあげようと思います。
このウインドウベッドは、この時季、居心地が良いようで、
頻繁に使っています。

季節は春から梅雨へ。
madakigahj7.jpg
キジコとミカの関係も、
季節が変わるように、移りゆくものであったらイイな。


皆さまのところ、ゆっくり回っています。
ソラが亡くなるまで、ほぼ毎日更新していたのですが、
今は、何を書いていいのかわからないこともあり、
更新もゆっくりのペースでいこうと思います・・。



Category: 日常

Comment (16)  

3ニャンの様子

今年の5月は暑かったですね。
もうすぐ梅雨がやって来ますけど、
またさらに暑くなるんでしょうかねえ。

ソラが逝ってあっという間に半月が経ちました。
喪失感が無くなるわけじゃありませんが、
ソラがいない我が家、というのには慣れてきそうです。

まとめ役のいない、バラバラ3ニャンの生活が始まりました。
lokiju1.jpg
キジコは、

lokiju2.jpg
親分がいなくなった分、

lokiju3.jpg
以前よりも過ごしやすくなったみたいですね。

IMG_9591.jpg
ミカに相変わらず追い立てられてはいますが、

lokiju6.jpg
そもそも、ミカなんて眼中にないのかも?w

lokiju7.jpg
親離れがすんでいたルナが、一番変わらないかもしれませんね。

lokiju8.jpg
ミカは時々ですが、

lokiju9.jpg
「ソラ母さん、なんでいないんだろう」と思ってるんじゃないかな、
と感じる時はあります。

lokiju10.jpg
いつもソラとくっついて過ごしていたのを考えると、
いなくなったのがさむい時じゃなくて良かったかも。

lokiju11.jpg
キジコのおチリ。

lokiju12.jpg
あちこちで香箱組んでる姿を見かけるようになりました。

接待部長だったソラだけに、
ほんとにたくさんお花を頂きましたが、
lokiju15.jpg
だんだんそのお花も終わりが近づいてきています。
全部終わりを迎える頃には、気持ちも少し整理されているでしょう。
応援、ありがとうございます。






Category: 思い出

Comment (21)  

ソラとの思い出2

ソラが逝ってから十日が経ちました。
あらためて、ソラの存在の大きさを実感しています。

ソラがいなくなって、猫同士くっつくことがなくなり、
その分、飼い主の後を追っかけることが多くなりました。
それぞれ仲の悪い3ニャンが、これからどうやって暮らしていくのか・・・。



ウチに来て一週間もすれば、
soratonoomo1.jpg
もうすっかり「我が家」としてくれました。
ソラの右半身は、白猫です(・∀・)

soratonoomo3.jpg
ソラは、よく外を覗いていました。
半外猫生活を送っていた、と保護元さんに伺っていたので、
まだ外に未練があるのかなあ、と思っていたこともあります。

で、ソラといえば、
soratonoomo2.jpg
このドラゴン。

気づくと、家中を徘徊していたこのドラゴン、
soratonoomo4.jpg
結局、咥えている現場は見ませんでした。

soratonoomo5.jpg
その季節季節で、好きな場所を選んで・・。

soratonoomo6.jpg
大事な娘と一緒に。

soratonoomo7.jpg
遊ぶこともたくさん覚え、

soratonoomo8.jpg
「なにか、心配事?」
相談にも乗ってくれw、

soratonoomo9.jpg
娘に稽古をつけるのは欠かさず、

soratonoomo10.jpg
アイラインは毎日バッチリ決まり、

soratonoomo11.jpg
多少、娘を押しつぶすのはお構いなしw

soratonoomo12.jpg
リラックスの仕方を教え、

soratonoomo13.jpg
気に入ったオモチャは娘には絶対譲らず、

soratonoomo14.jpg
何にも替えがたい、親子3ニャン、安心の時。

soratonoomo15.jpg
通りがかりに因縁をつけるのを忘れずw、

soratonoomo16.jpg
みんニャで外を眺める(*´ω`*)

写真を掘り起こすと、
あまりにたくさんの思い出。
ほんとにありがとう、ソラ。


2010年の11月のこの写真を、
soratonoomo18.jpg
遺影に使いました。

たくさんのお花と励ましのコメント、
とても感謝しています、ありがとうございます♪





Category: 思い出

Comment (23)  

ソラとの思い出

ソラとの別れ、とても辛かったです。゜(゜´Д`゜)゜。
過去写真を観れば観るほど、ソラの「良い子ぶり」が際立ってきて・・。
ただ、ソファやチェアで爪を研いだり、
「あ〜、だめだめ!」って事はよくあったのですが、
今となっては、その傷さえ愛おしいです・・・。

悲しい記事で終わってしまっているのもどうなんだろ、と、
自分で思ったより早く、新しい記事をアップすることにしました。
これからどうやって更新していくのかはまだ決めてないのですが、
とりあえず、ソラとの出会い、七年間の思い出を綴っていきたいと思います・・。

2010年3月8日夜、
soratonodeai1.jpg
保護元さんのところで、初対面。

新しい子に逢うので興奮してたのか、
soratonodeai2.jpg
ピンボケ写真量産w

当時保護元さんは、ネット投稿とかが出来なかったので、
代理で「里親募集中」にアップして下さった方がいました。
その方とはFBやメールで繋がっているので、
ソラが亡くなったことを伝えたら、
保護元さんに伝わりお電話を頂きました。
二人とも涙声になっちゃいましたが、
「ソラちゃんは幸せだったと思います。」と言っていただき、
少し慰められました。

そして3月18日、ソラはついにやって来ました。
最初の1時間はさすがにオドオドしていたものの、
soratonodeai3.jpg
すぐに飼い主のお膝に!

soratonodeai4.jpg
膝に乗ってるものの、どこかまだ不安げな表情ですね(*´ω`*)

soratonodeai5.jpg
見て下さい、この立派な「どすこい」座り♪
まだ、緑がたくさん置いてありましたねw

次の朝、
soratonodeai6.jpg
「これから親子ともども、よろしくお願いします」とでも言ってるような、
大好きな写真の一枚。
このベッドも、すぐに使ってくれて嬉しかったなあ。

soratonodeai7.jpg
親子3ニャン、

soratonodeai8.jpg
ついに、新たな自分たちの住処をゲットした、
安心感満載の写真♫

soratonodeai9.jpg
みんニャ仲良しで、見ていて気持ちよかったなあ。

soratonodeai10.jpg
ミカルナはやんちゃ盛りで、ソラは監視役?w

soratonodeai11.jpg
最後まで親離れできていなかったミカだけど、
大事にするから安心してね。

soratonodeai12.jpg
いつまでも、この平安が続くと思っていました・・・。


ソラの病気ですが、
実は、21日日曜日にやっと確定診断が出ました。
(亡くなったのは17日)
猫のリンパ腫の診断はかなり難しいことが多いらしく、
ソラの場合は、「高分化型リンパ腫=低悪性度リンパ腫」で、
「おそらく間違いないでしょう」ということでした。
低悪性度リンパ腫、「低」と付いているので、「高」よりも良いのかと思えば
そうではなくて、より治癒の難しい病気のようです。
「高」は、内臓のある部分に大きな腫瘍を作るような経緯、
「低」は、腫瘍を特定できず、全身に回っていく経緯、ということでしょうか。

予後はいずれももって半年〜2年ほどらしく、
ソラの場合は半年でした。
去年の秋の段階で診断が下っていた場合、
どうだったんだろう、と今は何度も考えてしまいます。
新しい病院の先生にその事を聞いたら、
「あまり変わらなかったかもしれないし、
もう少し積極的な治療に入っていたかも。」という答でした。
ただ、ネットからこの病気で亡くなった子の情報を拾ってみると、
抗がん剤の治療はちょっと苦しいっぽいし、
低空飛行が長くなれば、それはそれで本ニャンにかわいそうだったかも、
ソラはそんなに苦しまずに逝ったんだな、と、
考えるようにしています。
いずれにしろ、短命の運命だったんですね(; ;)ホロホロ


タイトルバックの写真、変更いたしました。
たくさんのブロ友さんからお花を贈って頂き、
お花畑の中で、ソラが幸せそうでした。
この場をお借りしてお礼申し上げます。





Category: 病気・病院

Comment (50)  

ソラ、虹の向こう側へ

皆さまへお知らせ



ウチの中心ニャン物、ソラ、
今朝7時31分、息を引き取りました。

昨年秋から吐き戻しが酷く、体重がどんどん落ちてきて、
何度も病院に通いましたが、原因が分からず、
最近は、めっきり食欲も落ちてきて、さらに体重を落としていました。

病院を変えて、再び検査をしたら、
「血液検査の数値には出てこない原因で、おそらくリンパ腫でしょう。」
と診断されました。

soraniji1.jpg
(最後の一週間は、このピンクマカロンベッドをルナから取り上げw、
ずっとここで過ごしていました。)


この日曜日には、体重が1.7㎏まで落ち、脱水症状が酷いので点滴を受けましたが、
ステロイド等の薬もあまり効果が見られず、
ここ数日は、もう立ち上がるのも困難になってしまっていました。
それでも昨日、
soraniji2.jpg
ベッドからむっくり起き上がり、
ダイニングにいる飼い主の元へ、
歩いてきました。
soraniji3.jpg
一生懸命、飼い主の膝を目指してきます。
椅子へはもう飛び乗れなかったので、
抱きかかえ二時間ほど飼い主の膝で♪


soraniji4.jpg
下に見えるのは、うなぎ。
たまたま鰻が大好きなことが分かり、
スーパーで買ってあげていました(国産鰻!w)
最後のこのひと皿は食べてくれませんでしたが・・。


ソラとミカルナは、7年前の3月18日にやってきました。
soraniji5.jpg
「パグ犬」と呼ばれるほど丸々していた頃(*´ω`*)

soraniji6.jpg
このクマさんが、大好きでした。


今日で、ウチに来て7年と二ヶ月。
歳はたぶん9歳前後だったでしょう。
ちょっと早いお別れになってしまいましたが、
良い思い出もたくさんあります。

ありがとう、ソラ。さようなら。


当ブログですが、再開することもあるかもしれませんが、
当分お休みを頂きます。





Category: 猫グッズ

Comment (11)  

吸い込まれる

昨日は、飼い主の思惑通りに進みそうな、
「ウインドウベッド」の記事をアップいたしましたが、
今朝も・・・、
suikomaotir1.jpg
おお・・、

suikomaotir2.jpg
吸い込まれていく、

suikomaotir3.jpg
お・チ・リ♪

suikomaotir4.jpg
シッポピンで、楽しそうでしょ?

suikomaotir5.jpg
収まって・・、

suikomaotir6.jpg
方向転換。
猫って、狭いところで転回するの、あるあるですよね?(*´ω`*)

で、
suikomaotir7.jpg
この構図に♪
本格的に暑くなるまで、
この光景が見られるかも〜〜。


今日は、仕事飲み会でお伺い出来ないかと・・。




Category: 猫グッズ

Comment (13)  

これ狙い

ここ数日、過ごしやすい気温ですね。
暑いのにちょっと慣れてきたから、
今日なんかは少し肌寒く感じる東京です。


昨日は、ウインドウベッドに入っているミカを記事にしましたが、
このベッドの狙いはと言うと、
korenerai1.jpg
分かりますでしょうか、右にミカ、左にキジコ。
ここで2ニャンが同時に外を眺められる、という構図。
この時はキジコがすぐに降りちゃいましたが、
こんな感じで寛ぐ2ニャンが見られるといいなあ(*´ω`*)

さ、キジコとは、
korenerai2.jpg
遊びましょう。

korenerai4.jpg
狙って狙って〜〜、

korenerai3.jpg
捕まえる♪

korenerai5.jpg
ゴロンとなって〜〜〜、

korenerai6.jpg
ペロリンコ。

やっぱりいろいろバタバタしておりまして、
伺えたり伺えなかったり〜〜。



動物愛護法・8週齢規制
プロフィール

まさぽん

Author:まさぽん
ソラ・ミカ・ルナ、
キジシの飼い主。
仔猫が生まれ捨てられた母猫ソラ、
その娘ミカ・ルナの里親になる。
2015年11月、外猫キジシを捕獲、
家猫修行訓練中。
先代は長寿キジトラ二匹。

@登場ニャン物紹介
母猫ソラ(2009/1/11生 推定)
sora1119.jpg
2017/5/17虹の向こうへ
推定8歳4ヶ月
娘1ルナ(2009/10/11生 推定)
sora1119.jpg
娘2ミカ(2009/10/11生 推定)
sora1119.jpg
さくら耳ねこキジコ
(2011/11/16生 推定)
sora1119.jpg

@ミケバカ同盟
sora1119.jpg
ミケバカ6号

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールを送る

nekobakacalendar
クラブ活動など♪
025_sora.jpg 027_runa.jpg 026_mika.jpg supernyan_all2012.jpg waruneko09_mika.jpg koukainasiyoluna.jpg chinju10_sora.jpg chinju13_mika.jpg chinju14_runa.jpg chinju26_runa.jpg hatsuga07_runa.jpg hatsuga47_sora.jpg youkai03_sora.jpg youkaimika.jpg youkairuna.jpg zannen03_mika.jpg
「ぼく○○えもん」
dora24sora.jpg dora25_runa.jpg dora26_mika.jpg
グランドフィナーレ
(クリック拡大)
dora26_mika.jpg
「五輪猫」
dora26_mika.jpg
雑誌に載りました♪
いつでも里親募集中
~ソラたちもここから~

1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2017