ソラの空

ミカ・ルナ・キジコの家猫生活

Category: 思い出

Comment (23)  

ソラとの思い出

ソラとの別れ、とても辛かったです。゜(゜´Д`゜)゜。
過去写真を観れば観るほど、ソラの「良い子ぶり」が際立ってきて・・。
ただ、ソファやチェアで爪を研いだり、
「あ〜、だめだめ!」って事はよくあったのですが、
今となっては、その傷さえ愛おしいです・・・。

悲しい記事で終わってしまっているのもどうなんだろ、と、
自分で思ったより早く、新しい記事をアップすることにしました。
これからどうやって更新していくのかはまだ決めてないのですが、
とりあえず、ソラとの出会い、七年間の思い出を綴っていきたいと思います・・。

2010年3月8日夜、
soratonodeai1.jpg
保護元さんのところで、初対面。

新しい子に逢うので興奮してたのか、
soratonodeai2.jpg
ピンボケ写真量産w

当時保護元さんは、ネット投稿とかが出来なかったので、
代理で「里親募集中」にアップして下さった方がいました。
その方とはFBやメールで繋がっているので、
ソラが亡くなったことを伝えたら、
保護元さんに伝わりお電話を頂きました。
二人とも涙声になっちゃいましたが、
「ソラちゃんは幸せだったと思います。」と言っていただき、
少し慰められました。

そして3月18日、ソラはついにやって来ました。
最初の1時間はさすがにオドオドしていたものの、
soratonodeai3.jpg
すぐに飼い主のお膝に!

soratonodeai4.jpg
膝に乗ってるものの、どこかまだ不安げな表情ですね(*´ω`*)

soratonodeai5.jpg
見て下さい、この立派な「どすこい」座り♪
まだ、緑がたくさん置いてありましたねw

次の朝、
soratonodeai6.jpg
「これから親子ともども、よろしくお願いします」とでも言ってるような、
大好きな写真の一枚。
このベッドも、すぐに使ってくれて嬉しかったなあ。

soratonodeai7.jpg
親子3ニャン、

soratonodeai8.jpg
ついに、新たな自分たちの住処をゲットした、
安心感満載の写真♫

soratonodeai9.jpg
みんニャ仲良しで、見ていて気持ちよかったなあ。

soratonodeai10.jpg
ミカルナはやんちゃ盛りで、ソラは監視役?w

soratonodeai11.jpg
最後まで親離れできていなかったミカだけど、
大事にするから安心してね。

soratonodeai12.jpg
いつまでも、この平安が続くと思っていました・・・。


ソラの病気ですが、
実は、21日日曜日にやっと確定診断が出ました。
(亡くなったのは17日)
猫のリンパ腫の診断はかなり難しいことが多いらしく、
ソラの場合は、「高分化型リンパ腫=低悪性度リンパ腫」で、
「おそらく間違いないでしょう」ということでした。
低悪性度リンパ腫、「低」と付いているので、「高」よりも良いのかと思えば
そうではなくて、より治癒の難しい病気のようです。
「高」は、内臓のある部分に大きな腫瘍を作るような経緯、
「低」は、腫瘍を特定できず、全身に回っていく経緯、ということでしょうか。

予後はいずれももって半年〜2年ほどらしく、
ソラの場合は半年でした。
去年の秋の段階で診断が下っていた場合、
どうだったんだろう、と今は何度も考えてしまいます。
新しい病院の先生にその事を聞いたら、
「あまり変わらなかったかもしれないし、
もう少し積極的な治療に入っていたかも。」という答でした。
ただ、ネットからこの病気で亡くなった子の情報を拾ってみると、
抗がん剤の治療はちょっと苦しいっぽいし、
低空飛行が長くなれば、それはそれで本ニャンにかわいそうだったかも、
ソラはそんなに苦しまずに逝ったんだな、と、
考えるようにしています。
いずれにしろ、短命の運命だったんですね(; ;)ホロホロ


タイトルバックの写真、変更いたしました。
たくさんのブロ友さんからお花を贈って頂き、
お花畑の中で、ソラが幸せそうでした。
この場をお借りしてお礼申し上げます。



スポンサーサイト

Newer Entryソラとの思い出2 Older Entryソラ、虹の向こう側へ
Comments


確定診断が出たんですね。
ソラちゃん、難しい病気だったんですね。

ごめんなさい。
やっぱり、まだ泣けてしまいます。。

まさぽんさんなら任せて安心だってソラちゃんも思ってるでしょうね。

おうちに来たその日にお膝に乗ってくれるなんて
すぐ、ここは大丈夫な場所・・てわかってたんでしょうね。

ミカルナちゃん抱えてきっと不安だったでしょう、
やっと安住の地を見つけてソラちゃんどれだけほっとしたでしょう。
確かに長生きするコも多い中、短命だったかもしれませんが
その分、本当に幸せで穏やかな生活だった思います。

早々に診断結果が出て、治療を開始してたら
きっと肉体的にも精神的にも辛かったんじゃないかな?
最後までまさぽんさんのうちで、娘ズのそばにいられるのが
ソラちゃんの一番の願いだったと思います。
だからきっとこれでよかったのだと・・

まだまだ辛さも寂しさも癒えないとおもいますが、
記事を更新してくださってありがとうございます。

ソラちゃんが遺したミカルナちゃんはソラちゃんの分まで
長く元気にこの先も暮らしていけますね。


まさぽんさん、何も出来なくて申し訳ありません。
ソラちゃんとの思い出の写真、いい写真です。
時にソラちゃんとの思い出話にひたりながら、みかちゃんとルナちゃん、キジコちゃんのことブログをお続け頂いたらこんな嬉しいことはありません。お待ちしています。勝手な言い草ですみません。

ソラさん、子連れでの縁組だから母として頑張ったんですね。
そして、待ったり穏やかな生活が待っていて、良かったね^^。
まさぽんさん家に来れていいニャン生だったと思います。
トップの写真、すごくいい写真です。
ソラさんの分まで、ルナミカさんが幸せでありますように~。

たとえ長寿を全うした仔だったにしても
飼い主って後悔0なんてことはないので
難しい病気と進行だったら尚更かとは思いますが…
天の神様にまさぽんさんご夫婦の
あったかい手で手渡しされたソラちゃん
幸せニャン生だったと思います。
ルナミカさんの幸せも太鼓判ですし(^-^)

まだまだお辛いなかでの更新、ありがとうございます。
まさぽんさんの心中を思うと、ほんとにおかけする言葉も見つからなくて
未だにどうしようもなく泣けてしまいます。
奥様、お母さん子だったミカちゃんルナちゃんは大丈夫ですか。
本当にニャン生も人生も先のことはわからないと思うと
なおさら1日1日が愛おしく、目の前にある命と
精一杯つきあわねばと思います。
ソラちゃんはまさぽん家にミカちゃんルナちゃんを託せただけでも
大満足のニャン生だったのではないでしょうか。
ブログを通じて、またリアルでも誰からも愛されたソラちゃんは
みんなの胸のなかにずっと生き続けますよね。
それもまた、まさぽん家に来れた大きな幸せだったと思います。
お疲れもたまっていると思います。どうかご自愛くださいね。

ソラちゃん、確定診断が出たんですね。
腫瘍が特定できないなんて・・・そんな難しい病だったとは・・・。
初めて聞く病名と症状に、まだたくさん知らないコトがあるんだなと、
改めて思いました。
ソラちゃん、お家に来てからすぐにお膝に乗ってくれたんですね。
きっと、最初の1時間でまさぽんさんご夫妻は信頼できる、
心優しい人と言うのが分かったんでしょうね。
不安げな中にも、どこかホッとしたような感じにも見えますね。
ご挨拶をしてるようなお写真、良いお写真ですですね。
まだソラちゃんを見ると、切なくなってくるのですが、
たくさんのお写真を拝見できて嬉しいです。
猫さんとのお別れは、どれだけ尽くしていても後悔の念を
抱きますよね。
ソラちゃんは、お家猫さんとしては短い生涯だったかもしれませんが、
大事な子供と一緒に、優しい人家族の元へお輿入れできて、
旅立つその時まで、そしてこれからも大切にしてもらって、
きっと、幸せだったと思ってくれていると思います。
お花畑にいるようなソラちゃん、とっても素敵ですね。
お辛い中、更新して頂き、本当に有難うございました。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

お家にきて1時間でお膝に乗ってくれるとは、最初から本当にまさぽん家に来たことを喜んでいたのですね(^^)
トップのお花畑のソラちゃん、すごく素敵です!!

出会ってすぐ 膝猫さまだなんて!こりゃ イチコロですよね””

ああ 更新してあって 嬉しいです。
写真を見れば涙が出るとおもいます・・・・そんな 中ありがとうございます。

まだ あどけない娘達を連れての 興しいれ!
ほんと 親子ともどもよろしくお願い致します!ッテお母ちゃんの挨拶て
感じの写真ですね。
ああ これで安心して暮らせる!子育てできる!”
って 大きな安心を得て どんだけ幸せだっただろう・・・・。

病気は・・どうなんだろうね?
抗がん剤治療中の父を見ている今 リンパ腫での
治療は 辛かったかもしれないと 思ったりします。

猫さまは 我慢強いから なかなか 気づかせてくれないし・・・
いっぱい後悔するところは アルと思うけど・・・たとえ 老衰でも
後悔したりとか・・・でも 良いことたくさん おもいだして
ください。
なんか 当分 ふうちゃんの病気が分からなかったことが 後悔だったけど・・・きっと それぞれ寿命があるって・・・もって生まれた 蝋燭の長さが
あったって 思えるようになっています。

ソラちゃんは 愛情いっぱい注がれて 幸せな にゃん生だったよね・・・・

そして お空の向こうから 娘達と まさぽんさんご夫妻を 見守って
くれているはずです。
お盆にも きっと還ってきてくれるはず!

縁がある毛皮さんは きっと毛皮を着替えてまた 会いに着てくれるのかな・・・そう思います。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

お辛い中、更新ありがとうございました。
「これから親子ともども、よろしくお願いします」とでも言ってるような、
お写真とっても素敵な写真ですね。
ソラちゃん優しいお母さんの姿があらわれていて、また涙です。
病気原因確定されたのですね。難しい病気だったのですね。
ソラちゃん、最後にまさぽんさんのお膝に来ることが出来て、幸せだったと思います。これからミカちゃん、ルナちゃんを見守ってくれますね。
まさぽんさんご夫妻も、どうぞお体大切になさってくださいね。
今度お会いした時には、ソラちゃんのお話沢山しましょう!

難病だったんですか。
そうですね、
さほど苦しまなかったことがせめてもの慰め。
宝物の写真、いつまでも大切にしてください。
ソラちゃん、本当に幸せな猫さんでした。

そうそう、どすこい座りでしたね。
こちらのブログ初期からの読者としては、ひときわ懐かしく、あのときのことがまばゆく思い出されます。
そう、それは、この幸せがずっと続く、という安心感です。
そんな気持ちを与えてくれる存在って、なかなかないと思うんです。
いつか「今」が終ることなんて、人間なら誰でも知っている。
それが故にいろんな不安が先立って、雑念ばかりの日々を送ってしまうことが必ずしも良いことじゃないんだ、猫と暮らす日々は気づかせてくれました。
ソラちゃんたちと過ごした日々は過去のことではなくて、今も、ともにまさぽんさんの周りで輝いています。だから大切な人や動物を無くすことは寂しいことじゃないんだ、一緒に過ごせた日々が糧となり、宝となることなのだと…私は思います。

埋もれちゃうほどお花いっぱいの中のソラちゃん、嬉しそうですね♪
親子でのオネム写真とてもステキです(*´-`*)
隙間なくぴったり♪
きっと今も、お家の中の一番快適な場所で
みんにゃとオネムしてるんじゃないでしょうか。

まだまだ悲しみの癒えないなか、更新をありがとうございました。。
こうして、ソラちゃんの猫生を振り返ると
あらためて涙が出てきます・・・。。
確定診断が出て、ソラちゃんの病気を突き止めることができて良かったです。。
(遅すぎた感はおありでしょうが・・・)
積極的治療をしたとしても、
それがソラちゃんにとって幸せだったかどうかは分からないと思います。。
少なくとも、この世でソラちゃんのことを一番愛しているまさぽんさんと奥様がなさったことが
そらちゃんにとってベストだったと思います。。
ソラちゃんは大事な子供達を安心して託すことができ
自身も甘えることができて、とても幸せだったと思います。。
「親子ともども、これからお願いいたします。」の写真
ソラちゃんとの思い出と共に宝ですね。。

ミカちゃんやルナちゃんの様子はどうですか??
猫同士の力関係が微妙に違ってきて
ミカちゃんとキジコちゃんが仲良くなってくれたら良いですね。。

このストライプの大きなベッドに3にゃんして入ってるお写真見ると
まさぽんさんと初めて会ったときのことを思い出します
あの頃はまだ3にゃんともあまり知らない子たちでした
あれから何年過ぎたのでしょう
こんなにも身近な存在となって
そして旅立っていってしまったことが本当にぽっかりと心に大きな穴があいたようです

そして私もガブの時
早く診断されていても辛い思いが長引いただけだったのだと思います
ソラちゃんにとっても最後までまさぽんさんと一緒にいられたことが
一番だったと思います

ソラちゃんがくれた素敵な時間。
幸せが凝縮した7年間でしたね。
爪とぎの傷あとかあ。
涙が出ちゃいますね。。
別れはつらいけど、その日を境にして
永遠に生き続けるんだと思います。
思い返すだけでたくさんの温かさをくれる
ソラちゃん、ホントにいい猫さんです。

大変遅くなってしまいましたが・・・
ソラちゃんの訃報に驚きと悲しみを感じています
低調なのは伺っていましたが、きっとまだまだゆっくりとした時間が
続くのだと思い込んでいました
今はただただ、ソラちゃん、おつかれさま・・・としかいえません

お辛い中ですが、こうやってソラちゃんの思い出を沢山振り返ることで
まさぽんさんの気持ちは今もソラちゃんに届いていることと思います

でも、本当にさみしいですね・・・
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます






動物愛護法・8週齢規制
プロフィール

まさぽん

Author:まさぽん
ソラ・ミカ・ルナ、
キジシの飼い主。
仔猫が生まれ捨てられた母猫ソラ、
その娘ミカ・ルナの里親になる。
2015年11月、外猫キジシを捕獲、
家猫修行訓練中。
先代は長寿キジトラ二匹。

@登場ニャン物紹介
母猫ソラ(2009/1/11生 推定)
sora1119.jpg
2017/5/17
悪性リンパ腫にて、
虹の橋を渡る。
推定8歳4ヶ月
娘1ルナ(2009/10/11生 推定)
sora1119.jpg
娘2ミカ(2009/10/11生 推定)
sora1119.jpg
さくら耳ねこキジコ
(2011/11/16生 推定)
sora1119.jpg
2015/11/14玄関前にて捕獲

@ミケバカ同盟
sora1119.jpg
ミケバカ6号

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールを送る

nekobakacalendar
クラブ活動など♪
025_sora.jpg 027_runa.jpg 026_mika.jpg supernyan_all2012.jpg waruneko09_mika.jpg koukainasiyoluna.jpg chinju10_sora.jpg chinju13_mika.jpg chinju14_runa.jpg chinju26_runa.jpg hatsuga07_runa.jpg hatsuga47_sora.jpg youkai03_sora.jpg youkaimika.jpg youkairuna.jpg zannen03_mika.jpg
「ぼく○○えもん」
dora24sora.jpg dora25_runa.jpg dora26_mika.jpg
グランドフィナーレ
(クリック拡大)
dora26_mika.jpg
「五輪猫」
dora26_mika.jpg
雑誌に載りました♪
いつでも里親募集中
~ソラたちもここから~

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2017