ソラの空

ミカ・ルナ・キジコの家猫生活

Category: カテゴリ:猫

Comment (29)  

ララ、ごめんね。

4月中旬(13日)から姿を忽然と消した外猫三毛のララ、
消息がわかりました。

lalasaogp1.jpg
(在りし日のララ〜昨年)

昨晩、ご近所猫情報通のKさんがみえて、
「いい話じゃないんだけど、一応お伝えしておくね」ということで、
教えていただいた内容は、

lalasaogp2.jpg

近所の猫嫌いのある輩が、
自宅に●をされるのが嫌で、
(たぶん業者に頼んで)近隣の猫6匹を殺処分した、
という悲しいお知らせでした。

lalasaogp3.jpg

その6匹のうちにララが入っていた、というのは間違いないそうで、
「今晩はお祈りしてあげて」ということでした。

lalasaogp5.jpg

よく鳴く子で、キジシよりははるかに警戒心がなく、
それが悪かったのでしょうか・・。

何もしてあげられなくてゴメン、という気持ちでいっぱいです。
地域猫の活動があるこの地域ですが、
一人のこういうアホな輩の行いが、携わっているみんなに悲しみをもたらしました。

lalasaogp6.jpg
いつもいつもキジシと一緒だったララ。
キジシを大好きだったララ。
この冬からキジシは一人で行動しなくてはなりません。
それもホントに心が痛みます。

Kさんと玄関先で話している内に、キジシが足元に来ていました。
そのキジシの顔を見ながら、この子と出会う一瞬は一期一会なんだなあ、
としみじみ思いました。
外猫の暮らしは文字通り、死と隣り合わせ、ですね・・・。

今日の記事は、ご覧の皆さまにも悲しい思いをさせてしまうかも知れませんが、
すこし、気持ちを分かち合っていただければ・・・ (ノД`)


スポンサーサイト

Newer Entryごめんね2 Older Entryそこはイカン
Comments


悲しいですね。
いくら猫が嫌いだからって、
置かれた環境で一生懸命生きている子に
こんなことが許されるのでしょうか。
ララちゃん、どうか安らかに。

酷い話ですね。
何様のつもりなんでしょうか?
猫さんがいったいどんな悪行を働いたというのでしょう?
天罰が下ると思いますね。
人として許されることではないです

…そんな形で…朝から涙です。
まさぽんさんはずっとずっとお辛かったでしょう。
人間のエゴによる「殺」「処分」
本当に、嫌な言葉です。悲しすぎる話です。
いろんな思いが頭をぐるぐるしますが
今日はなんにも言葉にならない〜
どうか、キジシちゃん、ララちゃんの分も生きて!

なんと、悲しいおはなしですね。
近所の方もですが、
こんな動物虐待を請け負う業者も、まだ居るんですね・・・
ララさんが元気でどこかに・・・と心から思って居りました。
この方達が、きちんと処罰される日が来るといいです。
ララさん、そのほかの猫さん達のご冥福を祈ります。

そうだったのですか・・・
ララちゃん、可愛そうな最後だったのですね。。
まだ若くて元気だったから、まだまだ活きられたでしょうに
なまじ、人懐っこい性格が災いしたのでしょうか・・・
まさぽんさんも悔やまれることだと思います。。

地域猫に優しくお世話をしてくれる人がいるかと思えば
こんな人間もいるのですね。。
悲しくなります。。

ララちゃん、他の猫ちゃん達、どうか安らかにと祈ります。。
キジシちゃん、ララちゃんの分も長生きしてね。。

ララちゃん。。。

ちょっと、悲しすぎて
なんて言ったらいいのかわかりません。

ララちゃん、ニンゲンが酷いことしてしまってごめんなさい。
そして、また一緒に、そうなってしまった子たちも、ほんとに、ほんとにごめんなさい。


悲しみと怒りが・・・いや、怒りの方が大きいかな。
安易に殺処分って、なんなんですかね。
もちろんすべての人々が猫に優しいなんて思っちゃいないけど
自分が何をしているかわかっているんですかね?

生きていることが奇跡。
出会えることも奇跡。
毎日を精一杯生きているこの子達に人間の魔の手が伸びませんように。
ララちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。

お昼休みに記事を見て、驚きと悲しみでいっぱいです。
私はほんの少しだけ、ララちゃんとかかわっただけですが、まさぽんさんのお気持ちを思うと、悲しくてなりません。
地域猫として、幸せな人生を生きてほしかったですね。

こんな事をする方の気持ちが悲しいですね・・・
いつか自分のしたことを悔いて頂きたいものです。

どうかララちゃん、一緒に旅立った猫さんたち、天国で寒さもなく、のびのびとお腹いっぱい食べて下さいね。
天国でキジシちゃんを見守ってね!

酷い!
本当に心が痛みます。
あのキジシと一緒の可愛らしい姿が見れないなんて、、
人間てなんと傲慢な生き物なのでしょうね。
ララちゃんたちのご冥福をお祈りいたします。

詠むのがつらい・・
鼻水と涙が・・。。
戻ってこないララちゃん、
キジシのことも不憫でなりません。
キジシとの毎日、ホントに一期一会なんですね。
二度と同じことがないことを祈ります。

酷すぎます・・・。゚(゚´Д`゚)゚。
そのニンゲンこそ処分されるべきです!
同じ苦しみを、いや、それ以上の苦しみを
味あわせてやりたいですね。
ララちゃんや他のお友達猫様達の
ご冥福をお祈りいたします・・・

涙が…。
なぜそんな勝手なことをするんでしょう。
生きてるのに。頑張って生きてるのに。
まさぽんさんが一番辛いですよね。
せめて、キジシちゃんはちゃんと寿命を全うできる事を願います。

そんな・・・酷過ぎる・・・。
在りし日の可愛いララちゃんのお写真と、
それに相反する内容に涙を堪えるのが
精いっぱいです。
まさぽんさんご夫妻は、お世話をされてたから、
より心を痛めてらっしゃるのでは・・・。
いくら嫌いだからって、そこまでしなくても。
人間が一番偉いわけでも、そんな権利があるわけでも
ないのに。
ララちゃん、もうホントにずっと会えないんだ・・・。
キジシさん、辛いね。悲しいね。寂しいね。
せめて、今、お世話をしてもらってる猫さんたちだけでも
無事に天寿を全うできますように・・・。
キジシさん、ヘンな人見たら、すぐに逃げるんだよ!
初めてコメントします。
いつもブログでかわいい猫ちゃんに癒されています(^人^)

ララちゃん、、
ご冥福をお祈りします。。

うんちをするから、と、懸命に生きている猫を業者に頼んで殺処分なんて、あまりに酷すぎます。。
そのさつしょぶんは法律で認められている事なのでしょうか。。
本当に許せないです。。

前にボランティアさんに話を伺ったら保健所などは、勝手に殺処分はしてはいけない、法律違反と言っていたように思います。
その輩に言いたい!!
短絡的な考えしかできないあなたはサイコパスと同等だと。。

本当に本当に可哀想なララちゃん。。。

次は必ず幸せな飼い主さんがいるおたくに産まれてくるんだよ。

ママさんも、落ち込まないでくださいね。。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

悔しいです。命の重さは 同じなのに・・・

キジシちゃん・・・仲良しないなくなっちゃった・・・。

全てのにゃんを 自宅に入れてあげることは出来ないし・・・地域猫として
皆さんでの活動をしていても・・・そんな おかしい人がいたんじゃ 哀しすぎる。

悔しいです
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

ララちゃんは幸せな暮らしをしているだろう
とのんびりと考えていた自分があまりにも
楽観的で、。。。
そんなことになっていたんですか。
胸が詰まる思いがします。

外猫も生きていて、それぞれの日々の楽しみもある命
だったのに。酷い話です。

なんてことなんでしょうね。
6匹の冥福を祈ります。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

ひどい・・・どうしてそれで「ころす」って判断になるんでしょう?!。
だって地域猫さんなのに?!猫が好きとか嫌いとか別にしてもあり得ない~!!
何処かのお家のコになっていれば良いな、と思っていたので、もう悲しいです。
6にゃん、せめて虹の国では楽しく平和に暮らせますように。

何てひどい・・・
とても悲しいし、それよりも怒りと悔しさがこみあげてきます。
ララちゃんと他の5匹の仔のご冥福を祈ります。

地域猫として認識されている猫を殺処分する行為って動物愛護法違反にはならないんでしょうか。
こういう輩は、法律を持ち出してでも釘を刺しておかないと、また同じことを繰り返す気がして怖いです。
同じ悲劇が二度と起こりませんように。キジシちゃんはじめ他の仔たちは地域猫として猫生をまっとうできる事を切に願います。


本当に悲しい結果で言葉が見つかりません・・・
ニャンコだってちゃんと命があるのに、どうしてそんな残酷なことを出来る人がいるのか・・・
ララちゃん、目には見えないけれどきっと、これからもキジシちゃんと一緒にいるのだと思います。
被害に遭った6ニャンのご冥福をお祈りいたします。

・・・絶句です。許せませんね。本当に許せない。
フン害に困っているのなら住人同士で相談するなり解決策を探す、
それすらせず最初から排除=殺処分に辿りつくとは。

そもそも猫を市民が殺処分することは動物愛護法違反であり
証拠があれば(かつ警察が動いてくれれば)立件できますが
そういう輩は正論をぶつけても聞く耳なしでしょうね。
もし業者が分かるのなら違法行為だと分からせるだけでも
今後同じ仕事を引き受ける可能性を減らせるかもしれません。

ララちゃん。名前までつけてもらって愛されていたのにね。
まさぽんさんと奥様がどれほど深く悲しんでいらっしゃることか…。
ララちゃんと5匹の魂が安らかでありますように。

なんて惨いことを・・
みんな猫好きになれ、とは言えませんが
なぜそんな最悪な方法を選べるのか・・
胸が苦しくなります。
ララちゃん、消息がわからないうちは
誰かに保護されていれば・・って願ってました。
どうか酷い目に遭っていませんように・・って。

一番辛いのはまさぽんさんですよね。
記事にするのも苦しかったと思います。
教えてくださってありがとうございました。
辛いけど、ワタシも祈ります。
出来ることならもう一度猫に生まれ変わって
今度は暖かい家の中でいつでも人に甘えられる
幸せな猫生を歩めますように・・って。

そのヒドイ人間はこの先も同じことをするのかしら?
キジシちゃんは大丈夫なのかな?
どうかどうか、キジシちゃんは安全に守られていられますように。
ララちゃんも見守ってくれているよね。


そんな・・・悲しみと怒りで言葉になりません。
身近でお世話していたまさぽんさん、お辛い中、
ご報告ありがとうございました。
今は祈ることしかできませんが、こんなことが二度と起こらないように、
せめてキジシちゃんが安全安心に暮らしていけるように、せつに願っています。


ララちゃん、・・・、ごめんなさい。
キジシちゃん、ごめんなさい。
みんな、本当にごめんね。

一生懸命に生きているのにね、ただ、それだけなのにね。
健康に生きるだけでも大変なことなのにね。
この冬を越えるのだって、とても辛かったでしょうに。
厳しい寒空の下、過酷な暑さの中を、今まで何度も生き抜いた。
なのに、その命を摘み取ったのは、私たちと同じ人間。
考えれば、考えるほど、悲しさが止まりません。
苦しかっただろうに、不安だったろうに、キジシちゃんに会いたかったろうに。

突然ララちゃんがいなくなって、もしかしたら優しい人のもとで、おうちの中で幸せに暮らせているのかなと思い描いていました。
同時に、不安も拭いきれなかったけれど。
地球の上で生きてるのは人間だけではないのに、一緒に生きているんだと、そう思うことはできないのでしょうか。
まさぽんさんのブログで、ララちゃんをとても近くに感じていたので、その悲しみは私たちにも繋がっています(涙

くやしいですね。
外猫さんと接してると
人間の身勝手さを目の当たりにすることが
多すぎて、人間不信になったりする私ですが、、
自分も人間なんだぁ〜なんて、さらに沈む。
無責任に捨てていく人間、命を処分する人間
なんなんだろうなぁ〜

どうしてそんなむごい事ができるのか(涙)
きっとどなたかの家で幸せに暮らしていると思っていました。
あまりに酷すぎて、涙しか出てきません。
ララちゃんたち、みんなどんなに怖くて辛かったことか。
今はララちゃんたちが安らかに眠れるよう、祈るのみです。
まさぽんさんは大丈夫ですか。
キジシちゃんやほかの子たちが、
どうかこの先ずっと安全に暮らせますよう。
みんな、祈ることしかできなくて本当にごめんね。



( TдT)ララちゃんは地域猫として本当に愛されていたのですね。TNRされたことは耳の手術跡を見れば業者にも判別できたでしょうが、多くの方に愛されている地域猫としての印が刻印されていれば、また違った未来もあったのでしょうか。地域猫として、より強く生存が希望されている証として、地域猫の印の首輪などがあれば、うかつな業者も捕獲後に簡単に処理せず、「まずは民生委員に連絡」という手順で悪意のある人間から救うこともできるかも知れません( >ω<)


―――「ある人が本当に死んだと言えるのは、その人のことを誰も思い出さなくなった時だ。しかし、亡くなったその人の思い出・面影・言葉を自分の胸に抱えて生きていく人がいる限り、亡くなった人はその人の中で絶えず生き続けているのだ」

昭和の大作家・灰谷健次郎の言葉ですが、これは愛猫に対しても立派に当てはまることだと思います。ララの肉体的な命はその歩みを止めましたが、こんなにも多くのファンの方々の心の中で、大切な記憶となって、今も生きていてくれている―――


( ーωー)今後、私も含め、今回の訃報に接したファンの方々はみな、身近でこうした狼藉を行う住人がいたら、今よりも少しだけ勇気を出して、止めてあげよう、注意できるようになろう、ときっと自分自身を変えていけるはずです。30人の読者がそれぞれ生涯通じて10件の注意をできれば、300匹の地域猫が直接的にこの事件を契機にして救われたことになるでしょう。

( >ω<)悲しみの種が確かに地にまかれたけれど、多くの勇気と新たな命が芽生え育つことになってほしい―――そう心より願っております。






動物愛護法・8週齢規制
プロフィール

まさぽん

Author:まさぽん
ソラ・ミカ・ルナ、
キジシの飼い主。
仔猫が生まれ捨てられた母猫ソラ、
その娘ミカ・ルナの里親になる。
2015年11月、外猫キジシを捕獲、
家猫修行訓練中。
先代は長寿キジトラ二匹。

@登場ニャン物紹介
母猫ソラ(2009/1/11生 推定)
sora1119.jpg
2017/5/17
悪性リンパ腫にて、
虹の橋を渡る。
推定8歳4ヶ月
娘1ルナ(2009/10/11生 推定)
sora1119.jpg
娘2ミカ(2009/10/11生 推定)
sora1119.jpg
さくら耳ねこキジコ
(2011/11/16生 推定)
sora1119.jpg
2015/11/14玄関前にて捕獲

@ミケバカ同盟
sora1119.jpg
ミケバカ6号

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールを送る

nekobakacalendar
クラブ活動など♪
025_sora.jpg 027_runa.jpg 026_mika.jpg supernyan_all2012.jpg waruneko09_mika.jpg koukainasiyoluna.jpg chinju10_sora.jpg chinju13_mika.jpg chinju14_runa.jpg chinju26_runa.jpg hatsuga07_runa.jpg hatsuga47_sora.jpg youkai03_sora.jpg youkaimika.jpg youkairuna.jpg zannen03_mika.jpg
「ぼく○○えもん」
dora24sora.jpg dora25_runa.jpg dora26_mika.jpg
グランドフィナーレ
(クリック拡大)
dora26_mika.jpg
「五輪猫」
dora26_mika.jpg
雑誌に載りました♪
いつでも里親募集中
~ソラたちもここから~

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2017