ソラの空

ミカ・ルナ・キジコの家猫生活

Category: カテゴリ:猫

Comment (10)  

南三陸2

いいお天気ですね〜。
本州の上に、ドッカリと高気圧が〜(^^)

kijiki1.jpg
今日も朝から、スリスリ〜♪

kijiki2.jpg
あ、また鼻の頭に傷が・・。
自分で引っ掻いたような感じですね。

kijiki3.jpg
ララはこっちで・・、

kijiki4.jpg
スリスリ〜〜♬

kijiki5.jpg
「早く、ごはんね〜」
  
☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
        
。・:*:・゚★,。・:*:・゚☆いつもご愛読ありがとうございます・:*:・゚★,。・:*:・゚☆

南三陸記事の続きです。
(気仙沼は、初日に行っただけで、あとは南三陸でした。)
南三陸、って行くまでどういう位置にあるのかわからなかったのですが、
気仙沼と石巻の間、「入谷地区」「戸倉地区」「歌津地区」「志津川地区」に
分かれている町で、町の名前は、歌津町と志津川町が合併したあと、
この町の名前になったらしいです。
ニュースで、「南三陸が・・・」「志津川が・・・」と盛んに言っていた時期、
あまりピンと来なかったのが、やっと合点がいきました。
sizu1.jpg
最初に泊まったのは、志津川湾のほとり。

sizu2.jpg
朝、霧が降りてきました。

sizu3.jpg
湾のほうまで、少し散歩してみました。

sizu4.jpg
水門やなにやら、壊れたままの物もまだたくさん。

sizu6.jpg
ここらへんは、直しても仕方ない、ってことでしょうか。

sizu7.jpg
以前は住宅密集地だった・・。

sizu5.jpg
それでも、コスモスは咲いています。

移動中・・、
sanrikut1.jpg
壊れたままの三陸鉄道の高架・・。

sanrikut2.jpg
ポツンと残された、駅舎。

sanrikut3.jpg
のどかな森林の前の、鉄骨。

2回の記事にはまとまりませんでした。
明日も続きます。


「気仙沼・南三陸1」にコメントありがとうございました。
ほんと、いろいろ考えさせられます。
仮設の方々は、「もう、このままでいい」と話してる方も多いとか・・。
間違い探し、意外にむずかしかったんですね?ヽ(´∀`。)ノ
出題する方は、「簡単すぎるかも〜?」と思っても、
ちがう事もあるんですね〜〜。



 ♪日替わりメニュー♪

♪薄い!細い!♪
スポンサーサイト

Newer Entry南三陸3 Older Entry気仙沼・南三陸1
Comments


なにから手を着けていいのか、
全く見えないような状況ですね。
泣く泣くここを立ち去った方々も多いのでしょう。
駅舎と高架が悲しく見えます・・・。

いいお天気ですね〜
お出かけしたくなるけどカンヅメでオケ練…(涙)

南三陸、まだまだ手付かずなんですね。
そのままでいいって悲しすぎる。
でもわすれてしまわないように残してるものもあるのかな。
現地に行くことでたくさん考えさせられることもあるでしょうね。
まだまだ復興のお手伝いが必要なんだなあ…。



まさぽんさん、お帰りなさい。

キジシちゃん、ララちゃん、久しぶりだね。

「このままでいい」
1パーセントくらいしか
それ以下かもしれませんが
気持ちがわかる気がします。
同じ、、、、、日本人だから。

言葉がつまってしまって
あまりうまく言えませんね。。。

被災地から離れた場所に住んでると、全然何も解決してないのに
「過去の出来事」だと思ってしまいがちです。
身近な人が、例えば今回みたいにまさぽんさんがレポして下さると
改めてちゃんと問題が解決するように見守らなくっちゃって思います。
ある程度の年齢になると、再出発って難しいかも…
あの震災直後だったら、もしかしたらまだ気力があったかもしれない。
傍観することしか出来なかった時間の経過は、
人を前向きに動けなくしてしまうこともあるかも。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

鼻に傷のキジシさん、いいお顔♪
見つめられて、信頼感バッチリですね^^♪

津波のツメ跡、そのままなんですね。
震災被害を忘れることなく、
出来る範囲で、お手伝い出来たらなぁ~と思います。

私は今年も会津若松あたりだったので
あのへんは、海は遠い場所ですからね。
でも、まだ避難生活の方達は市内にもいるそうです。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

ララちゃんのスリスリは、ちょっと珍しいんじゃないですか?
キジシちゃんは、よく見られる光景ですけど…(#^.^#)

南三陸、こんな現状をみると辛いですね。
行政は、本気で復興しようとする気があるのか疑ってしまいます。

東北の朝のお写真、なんだか寒そう・・
あちらはじきにすぐ冬なんでしょうね。
仮設は寒いんだろうな。。






動物愛護法・8週齢規制
プロフィール

まさぽん

Author:まさぽん
ソラ・ミカ・ルナ、
キジシの飼い主。
仔猫が生まれ捨てられた母猫ソラ、
その娘ミカ・ルナの里親になる。
2015年11月、外猫キジシを捕獲、
家猫修行訓練中。
先代は長寿キジトラ二匹。

@登場ニャン物紹介
母猫ソラ(2009/1/11生 推定)
sora1119.jpg
2017/5/17虹の向こうへ
推定8歳4ヶ月
娘1ルナ(2009/10/11生 推定)
sora1119.jpg
娘2ミカ(2009/10/11生 推定)
sora1119.jpg
さくら耳ねこキジコ
(2011/11/16生 推定)
sora1119.jpg

@ミケバカ同盟
sora1119.jpg
ミケバカ6号

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールを送る

nekobakacalendar
クラブ活動など♪
025_sora.jpg 027_runa.jpg 026_mika.jpg supernyan_all2012.jpg waruneko09_mika.jpg koukainasiyoluna.jpg chinju10_sora.jpg chinju13_mika.jpg chinju14_runa.jpg chinju26_runa.jpg hatsuga07_runa.jpg hatsuga47_sora.jpg youkai03_sora.jpg youkaimika.jpg youkairuna.jpg zannen03_mika.jpg
「ぼく○○えもん」
dora24sora.jpg dora25_runa.jpg dora26_mika.jpg
グランドフィナーレ
(クリック拡大)
dora26_mika.jpg
「五輪猫」
dora26_mika.jpg
雑誌に載りました♪
いつでも里親募集中
~ソラたちもここから~

1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2017