ソラの空(空のソラ)

ミカ・ルナ・キジコの家猫生活

Category: キジシ拉致

Comment (18)  

大転換(2)

ご訪問ありがとうございます♪
再開とともにテンプレートも変更し、気分一新した飼い主です ヾ(´ω`)ノ

再開した途端ですが、身内に葬儀が出て、
昨日今日はちょっとお伺い出来そうもありません、すみません。


たくさんのアドバイスと「嬉しい!」のコメントありがとうございます。
何度も読み返して、励まされています。(*´ω`*)
一応、ご説明しておくと、まちゃこさんの「まちゃたびボール」での失敗は、
捕獲器の「仕掛棒」のせいで、
ボールのせいではありません ヾ(゚∀゚ゞ)
しまねこさん謹製しま汁キッカーの仕掛けが奏功したのは、
仕掛棒との相性と、キッカーに付いているシッポが、
仕掛棒に上手い具合にマッチしたからです〜。 
そして、回を追うごとに、仕掛けも上手くなって、
思うがまま?w、猫がホイホイ捕れました。
(キジシは来なかったのですがw)

かかった子は、十猫十色、
もう〜、シャーシャーいっていて一向に出ていかない子や、
おっとり出て行く子、色々でした〜。
不思議に、二度かかる子はさすがに居ませんでしたねww
(キジ、キジ2とかあるのは、違う子です)
近隣の地域猫と外飼い猫、ほとんど入ったんじゃないかな、 
夜、キジシの夜食前くらいから設置して夜明けまで、
って感じにだったんですが、一晩で二匹入ることもありました ヽ(=´Д`=)ノ


「いよいよ捕獲へ」

さて10月14日(水)の失敗の後、試行錯誤が続きました。

傍らでカリポリするキジシを見ながら、
「素手じゃ無理だけど、捕獲網だったらどうだろう」と思い始めました。
ちょうど「鉄腕ダッシュ」というTV番組で、害獣を捕獲するのに使っていたのをみて、
ネットで大きめの魚釣り用網を購入。
hokakuami.jpg
コンセントと比べてみると、かなりの大きさなのがおわかりかと・・。

しかし、この網を見るとウチの子たちさえも怖がる始末で、
(でも、ルナは簡単に捕まえられたw)
「これは無理かな・・」と思いつつ、
キジシが来た際、ちょっと玄関先に出してみるも使用する勇気出ずw

11月あたま、キジシたちのTNRをしてくれたボランティアさんに偶然再会。
飼い主が買った捕獲器は、罠になる餌を吊り下げるタイプだったのですが、
ボランティアさんが持っていた踏み板式の捕獲器を借りることに。
(こちらのタイプの方が、罠を仕掛けるのが簡単。)
しかし、また関係ない猫が掛かるだけで、キジシは寄ってこず。

その後、また捕獲器を引き上げると、
駆け寄りやスリスリ、通常モードに戻るキジシ。
kakeyokji11.jpg
暖かくて天気の良い日が続き、仕事も忙しかったため、
普段通り、日に三度の食事を与える毎日。
kakeyokji12.jpg

このまま捕まえられないのかも、と思い始めた11月14日、
ちょうど最初のチャレンジからひと月が経った土曜日の午後、
玄関に出ると、そこにはキジシ。

ちょうどその日から雨が続くとの予報。
その日も朝、網を手に取り一度チャレンジするも、
気取られて失敗。
今回もダメかなあ、と思いつつ、
カルカンウエットとカリカリを少し出し、後ろ手に網を持ちタイミングを計る。

右を向いてカリポリしているキジシに、
左方向から、網がキジシの視界に入らないように気をつけながら、
ジリジリと詰め寄る飼い主・・・。
「いまだ!!」

網に入れることに成功♪・・したものの、
そこからキャリーに移すまでが一騒動。

途中、網枠からなんとか逃れようとするキジシを、二度ほど網の方へ押し込み、
押さえ込んだ時に思いっきり噛まれました。
厚いゴム手袋で防御してたんですが、
死にものぐるいで暴れるキジシの力は、思いのほか強く、
手袋を軽く貫通して、捕獲後に見たら、指先が血だらけでした (゜o゜;

で、なんとか相方と二人がかりでキャリー移動成功。
長い時間かかった気がするけど、たぶん10分程度のことだったでしょう。

何が起こったのかたぶんわからなかったであろうキジシ、玄関内のキャリーに黙ってとどまる。
時刻は15時半。

ミカかかりつけの動物病院に連れて行こうとするも、先生の返答がどうも頼りない。
そこで、猫保護ボランティアの知人に聞いた新たな病院に連れて行くことに→
病院に連れ出すまで玄関に小一時間、その短い間に家中に野性の臭いが!!
小雨の降る中、初めての病院。女医さんに女性の看護師。
紹介されただけあって、野良猫系に慣れている様子。

連れて行ったキャリーから、金属ワイヤーのケージに移そうとするも、
ひっくり返してもへばりついてキャリーから離れないキジシw
10度以上試みるも断念。結局そのままあずかってもらうことに・・。
シャンプーと爪切り、血液検査をお願いし、
二晩あずかってもらうことになりました。

飼い主としてはここで一段落。
でも家に戻っても、捕獲時の興奮が冷めやりませんでした。
本当にこれで良かったのかもまだわからないなあ、という想いの中、
外は土砂降りに。
「うんうん、今日捕まえられて良かった。」と自分を納得させるような夜でした。

saigonoba.jpg
キジシに出した、最後の外食。思い出の一枚。
(病院に預けて戻ったら、外はすでに雨になっていました)


そして一夜明け、まだキジシの居ない日曜日の朝9時、
キジシの匂いの影響か、ミカが突然リビングで●を始める!!
(ウンチングスタイルをとりはじめた時にそれに気づき、
ペットシーツを使って手で受け止めたww)

たぶん、捕獲する時に着ていた上着に、キジシの野性の臭いが付いたからだと思われる。

捕獲の次の日の日曜日は、こんなこともあり、次の日からの生活がどうなるか、
前途多難の想いが湧き、どことなく不安な一日でした。

次話に続く

スポンサーサイト





動物愛護法・8週齢規制
プロフィール

まさぽん

Author:まさぽん
ソラ・ミカ・ルナ、
キジシの飼い主。
仔猫が生まれ捨てられた母猫ソラ、
その娘ミカ・ルナの里親になる。
2015年11月、外猫キジシを捕獲、
家猫修行訓練中。
先代は長寿キジトラ二匹。

@登場ニャン物紹介
母猫ソラ(2009/1/11生 推定)
sora1119.jpg
2017/5/17
悪性リンパ腫にて、
虹の橋を渡る。
推定8歳4ヶ月
娘1ルナ(2009/10/11生 推定)
sora1119.jpg
娘2ミカ(2009/10/11生 推定)
sora1119.jpg
さくら耳ねこキジコ
(2011/11/16生 推定)
sora1119.jpg
2015/11/14玄関前にて捕獲

@ミケバカ同盟
sora1119.jpg
ミケバカ6号

カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールを送る

月別アーカイブ
nekobakacalendar
クラブ活動など♪
025_sora.jpg 027_runa.jpg 026_mika.jpg supernyan_all2012.jpg waruneko09_mika.jpg koukainasiyoluna.jpg chinju10_sora.jpg chinju13_mika.jpg chinju14_runa.jpg chinju26_runa.jpg hatsuga07_runa.jpg hatsuga47_sora.jpg youkai03_sora.jpg youkaimika.jpg youkairuna.jpg zannen03_mika.jpg
「ぼく○○えもん」
dora24sora.jpg dora25_runa.jpg dora26_mika.jpg
グランドフィナーレ
(クリック拡大)
dora26_mika.jpg
「五輪猫」
dora26_mika.jpg
雑誌に載りました♪
いつでも里親募集中
~ソラたちもここから~

1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 2015