ソラの空(空のソラ)

ミカ・ルナ・キジコの家猫生活

Category: キジシ拉致

Comment (12)  

大転換(5)

ご訪問ありがとうございます♪
今月はなかなか伺えなくてすみません。
昨日は一日リハ、今日明日と本番なので、
またお伺い出来そうにありません(ノД`)

●をあんなに待ち望んだことない飼い主ですw
新しい環境、猫にとってもいろんなハードルがあるんでしょうね。
しかし、ちゃんと砂をかけてるし、
ウチの子より、おチリの始末がよろしいようで(*´ω`*)


「ソラたちと・・」

11月22日(日) 七日目 朝5時前の確認では、カリカリは完食。
大きなチッコ玉あり。朝8時。ゆるい●と小さなチッコ玉あり。
う〜ん、ちょっとゆるすぎるなあ、と思っていたら、9時過ぎにまたちょっとだけゆるい●を・・。
ストレスなのか、お腹こわしちゃってます。

9時半過ぎに、朝ご飯に出したカリカリを引っ込め、
ウエットに、ミカが9月に飲みきらなかった下痢止めを、砕いてふりかけました。

留守にして午後確認したら、朝、少しだけ残していたものを完食。
下痢止めも全部飲んだことに♪ 
夕方も、同じようにウエットに下痢止め。これもペロッと食べてくれたので、少し安心。

11月23日(月) 八日目 朝4時半確認。大きなチッコ玉あり。
カリカリを出すもすぐには食べなかったけど、6時半確認時に完食していました。
8時半、またゆるい●。ん〜、やっぱりストレスでしょうか・・。
昼ご飯はまた下痢止めを。そのあとカリカリを少しずつ2回、食事は順調に食べてます。

ぷちボンでちょっとちょっかいを出すも、怖がったのか、ケーブに逃げ込むw

kebukij.jpg
ケーブは、イイ感じで使ってくれてます。

11月24日(火) 九日目 朝4時半確認。大きめなチッコ玉一つ、
またまたゆるい結構な重さの●。
朝ご飯はカリカリをやめ、ウエットに薬を混ぜる。早く治ってほしい〜。
その後、またゆるい●を三度。
薬はウエットと一緒に身体に入ってるはずなんだけど・・。

夕方、先生に電話で相談。
とりあえず、その薬を飲ませておいて、改善しないようだったら違う薬を処方、ということに・・。

11月25日(水) 十日目 しきりに鳴くので心配になり、朝4時前に確認。
ゆるい●あるものの、回数は二度。薬が効いてきたかな〜〜〜♬
薬はウエットとともに完食。

先生から、極力ごはん量を減らして、ということだったので、
方針を変えて、砕いた薬を少量のカリカリになすりつける。
でもカリカリだとやはり少量薬が残ってしまうので、
夕方、ウエット半パックに薬をとかして夕飯に。
これは残っていたカリカリと少量の薬とともに完食。
お腹が空いてるかもしれないけどちょっと我慢してもらいます。
今日は朝以降、●は無し。

keikakj11.jpg
普段はいつもこんな格好で、警戒態勢?

11月26日(木) 十一日目 最近、ソラたちが鳴くと呼応して鳴くようになる。
朝4時前、しきりに鳴くので確認に。●はしてない。
下痢は止まったかな〜〜♬ 
またウエット半分に薬を溶いて早い朝ご飯。
30分していくとまた完食。薬もあと一回しかないので、これで完治してほしい・・。

kijisikawarazu.jpg
キジシ、これがお得意のポーズになっちゃいました。

外でご飯をあげていた時は傍でカリポリしていたくせに、
ウチに来てからは目の前で食べなくなってしまったキジシ、
8時過ぎに少量のカリカリを置いて数分後に戻ったら、1Fで食べる姿、初目撃(*´ω`*)

keikakj12.jpg
ちょっかいさえ出さなければ、落ち着いた表情になって来たかな・・。

keikakj13.jpg
シャーをあんまりしなくなったな〜、と思った矢先、ケージに顔を近づけたら、
「タッ!」という叫びとともにケージの隙間から猫パンチが飛んできました。
まだまだダメだな〜〜。ご飯は小分けに四回。●なし。


11月27日(金) 十二日目 今日も朝早く、4時前に確認。
変わった様子はないが、まだまだこちらに懐くこともなし・・。
●なし。今晩あたり出して欲しいな〜。
出さなかったり、ゆるかったり、●管理が大変w

夕方、飼い主に付いてキジシ部屋に来たルナに、キジシはスリスリで反応。
以前、ご飯を出していた時に見たあのスリスリ。
lunanozokikuyo.jpg
これは親愛の情の証しなのでは? 

ルナは1メートル以内に近づくとシャー。
でも、キジシの反応は良い感じかも ヽ(゚ω、゚)ノ
猫同士の方が意外に打ち解けるかも? と思って、ソラを連れてくると、
部屋に入る前からシャー・・。ミカに至っては、挙動不審にまでなる始末┐(´-`)┌ヤレヤレ
まだまだ先は長そう・・。水曜朝から●なし。

11月28日(土) 十三日目 しきりに鳴くので、朝3時前に確認。
何ごともなかったので、お腹が空いてるのかと思いウエットを半分。
食べてからも鳴くので、空腹じゃないみたいw

チッコはコンスタントにするけれども、●がなあ、と思ってたら、
朝9時前、立派な●が〜〜〜♬ 
もうゆるくないので、下痢も大丈夫。
さ、あとは飼い主とソラたちに慣れてくれるのを待つだけ。
・・・でも、相変わらずのマングース(のような威嚇)ぶり (ノД`)

onajifuro.jpg
ソラたちは、キジシの居る部屋の扉を少し開けていても、
同じ階にあるベッドルームで寛いでいるので、
最悪な関係、ではないみたいです。

次話に続きます。







Category: キジシ拉致

Comment (15)  

大転換(4)

ご訪問ありがとうございます。
そしてたくさんのコメントもありがとうございます。
「うちもこんなだった〜」という経験談、ホントに励まされます(*´ω`*)

ウイルス性疾患がクリアされたことは、
キジシ&飼い主、ともにラッキーなことでした。
実は、ブログの二週間のお休みというのは、
深刻な病気を抱えていた場合、里親探し等、
次の手を考えなくちゃならないかも、という準備期間も含んでいたのでした。


「初めてのチッコと●」

11月17日(火) 二日目 早朝見にいくと水もかなり飲んだ跡、
カルカンウエットは食べ残していたけど、カリカリは食べた跡があり、
これでおしっこさえしてくれれば、と・・。
(カルカンウエットについては、捕獲時に食べさせていたことで、まさかトラウマ?w)

トイレは実現しなかったものの、夜、一つ嬉しいことが。
お籠もり用に買っておいたベッド(キャットケーブ:ペピイにて購入)に初入場♪
caveoko1.jpg
まだまだ怒っているけど、安心出来る場所になったらイイな。

ケージの全体図。
zenntaiz.jpg
アイリスオーヤマのコンビネーションサークルを二つ組み合わせたものです。
3階建て四室。
左下にあるのは、食事等を出す時の、念のための革手袋。
キジシの姿が見えないのは、3Fのケーブにお籠もり中のためw


11月18日(水) 三日目 早朝3時、クッション用に置いていた
バスタオルが丸まっていたのを確認、持ち上げるとすごい重みが・・(^_^; 
もちろんそれはおしっこ。三日も我慢していたので、かなりの量でした。
そのタオルを臭い付けにトイレに置いたら、かなりの量が砂に落ちたので、
どんだけしたことか(゜◇゜)

その後そのタオルの一部を切り刻んでトイレに置いておきました。

今日はカリカリにも口をつけず、水も飲まずだったので、
心配になりベッドの出口に違うウエットを差し出すと、
30分後の確認時、完食ペロッと〜。

この日も、まだ●が無し。
夜、見にいくと、どうしてそうなったのか、
3Fのケーブを潰してその上に鎮座。
(この使い方も想定されています♪)
この状態だとどうもしてあげられないけど、暖かい夜だったのでそのままに。

11月19日(木) 四日目 早朝、様子を見にいくと、なんと1Fフロアまでケーブが転落。
どうして落ちたのかは不明だけど、水の器に当たって少しこぼれていたので、
その時からベッドは1Fに設置することに。
まだトイレ叶わず・・。
カリカリはだんだんペースが上がってきている模様。
夕方には、水分補給も兼ねて、ウエットを。これもすぐに完食。
ほぼ一日、ケーブの中にお籠もり。


taoruue1.jpg
(床パネルにタオルを敷いたら、ここがお気に入り♪)

11月20日(金) 五日目 今日トイレをしなかったら、またなんとか病院へ連れて行こう、
と思って起きた深夜2時半(髪舐め妖怪に起こされたんですがw)、
キジシの部屋を確認にいくと、待望の、まさに待望の●がトイレに!!!
(さすがに、カチンカチンでした(^_^;)
おまけに、チッコもちゃんと砂でやっていました♬♬♬ 
これで一つまた関門通過。ちょっとは表情が穏やかになって来た感じかも? 
カリカリもちゃんと食べているので、これからは時間を決めて出すことに。
でも今日のウエットはお気に召さなかったらしく、2/3くらい残してしまう。
ケージに閉じ込めたら、動き回ってうるさいかも〜、と想定してたんですが、
逆にあまりにも動かないので、これからは運動不足が心配・・。

taoruue2.jpg

11月21日(土) 六日目 捕獲捕物帖から一週間。
あのことが、ずいぶん前のことのように思えます。
今朝は5時過ぎに確認しにいったところ、結構な量の●と大きなチッコ玉あり。
トイレはもう覚えてくれた模様。猫って頭良いなあ、と実感した瞬間でした。
朝ご飯に水分補給も兼ね、ウエットを。
最初は食べてくれなかったけど、3Fにデリバリーしたら、ペロッと♪ 
午前中に新しいミニベッド到着。
でも、ケイブがお気に入りなのか、籠もったきり出てきません。
(このミニベッド、いまだに未使用w)


taoruue3.jpg
みんなで幸せになろうね♪

次話に続きます。


・・今月週末は本番が続き、お伺いできない日が多いかと思います・・・。





Category: キジシ拉致

Comment (22)  

大転換(3)

ご訪問ありがとうございます。

捕獲のシーン、ハラハラドキドキしていただけましたか?w
「絶対に失敗出来ないワンチャンス」って、人生にはあんまり無いですよね?ヽ(;´Д`)ノ
流血騒ぎになった指は、10日ほどで完治いたしました〜。
ご心配いただきありがとうございます。
仕事に影響する部分とは、若干ずれていたのがラッキーでした ヽ( ´ー`)丿

休んでいる間に、プロフィールやテンプレートをちょこちょこいじっていました。
「今さらプロフィールを改めて読む方もいまい」という推測の元、
記事本文以外はどんどんリニューアル始めてしまったんですが、
目ざとく見つけられた方もいて、鍵コメで突っ込まれたりしていました〜ヽ(´ρ`)ノ

いただいたひとつひとつのコメントにお返事することは出来ませんが、
そのひとつひとつに感謝しています♬
今、ちょっと繁忙期になっていまして、あまりお伺い出来ませんが、
時間が出来ましたら、いずれゆっくり〜。
ブログをやっている方は是非、アドレスもお書き下さいね〜♪



「ウイルス性疾患オールクリア」

11月16日(月) ウチの子一日目
ソラミカルナ、3ニャン体制最後の夜は明け、
11時半にキジシを病院にお迎えにいきました。

toiresuna.jpg
(少しホコリがすでにたまっていたトイレwに、砂充填完了!)

katenjun.jpg
(ちょっと暗くしてあげた方がいいかも、と、カーテンで覆いを)

帰りはすんなりキャリーに戻るキジシ。
もうすでに、自分ち認識があったんでしょうかね〜 ヽ(#`・ω・)ノ

なにより嬉しかったのは、ウイルス性の疾患はすべて「陰性」だったことでした。
これで、相性の問題がなければ、ソラミカルナと同居が可能となります。


ウチに戻ってケージに入れようとするも、キャリーから出てこず、
kyarikara1.jpg
こんな感じで待っていても、しがみついて出てこないので、

kyarikara2.jpg
キャリーごとケージに収め、最初の一枚。

ーー実はこのキャリー、きらちろママさんから事前にお借りしていたものです。
飼い主の夏のライブにお見えになった時に、事情を説明し、
いろいろとアドバイスをいただいていたんですが、
ご親切に「使ってください」とお送りくださったものですーー


ここでジッと動かず4時間経過。
その後さらに3時間後、このキャリーの中にカルカンウエットを入れてあげたら、
そのあと確認時に食べていました!

ケージ内のキャリーの上に乗って、
kyarikara4.jpg
そもそもニャン相が悪いのに、いっそう睨み付けるキジシ ┐(´-`)┌

kyarikara3.jpg
しばらく、このキャリーの上が気に入ってました。

そのあと、追加を差し入れ。一日目はチッコも●もなしで終わりました。

この騒動に、
nanigokot.jpg
何ごとかと、

nanigoto2.jpg
ウロウロするソラたち。

病院から帰ったら、シャンプーのおかげですっかり臭いは消え、
daijohizamika.jpg
●事件のミカも、このあと何ごともなく過ごしてました。

次話に続きます。


Category: キジシ拉致

Comment (18)  

大転換(2)

ご訪問ありがとうございます♪
再開とともにテンプレートも変更し、気分一新した飼い主です ヾ(´ω`)ノ

再開した途端ですが、身内に葬儀が出て、
昨日今日はちょっとお伺い出来そうもありません、すみません。


たくさんのアドバイスと「嬉しい!」のコメントありがとうございます。
何度も読み返して、励まされています。(*´ω`*)
一応、ご説明しておくと、まちゃこさんの「まちゃたびボール」での失敗は、
捕獲器の「仕掛棒」のせいで、
ボールのせいではありません ヾ(゚∀゚ゞ)
しまねこさん謹製しま汁キッカーの仕掛けが奏功したのは、
仕掛棒との相性と、キッカーに付いているシッポが、
仕掛棒に上手い具合にマッチしたからです〜。 
そして、回を追うごとに、仕掛けも上手くなって、
思うがまま?w、猫がホイホイ捕れました。
(キジシは来なかったのですがw)

かかった子は、十猫十色、
もう〜、シャーシャーいっていて一向に出ていかない子や、
おっとり出て行く子、色々でした〜。
不思議に、二度かかる子はさすがに居ませんでしたねww
(キジ、キジ2とかあるのは、違う子です)
近隣の地域猫と外飼い猫、ほとんど入ったんじゃないかな、 
夜、キジシの夜食前くらいから設置して夜明けまで、
って感じにだったんですが、一晩で二匹入ることもありました ヽ(=´Д`=)ノ


「いよいよ捕獲へ」

さて10月14日(水)の失敗の後、試行錯誤が続きました。

傍らでカリポリするキジシを見ながら、
「素手じゃ無理だけど、捕獲網だったらどうだろう」と思い始めました。
ちょうど「鉄腕ダッシュ」というTV番組で、害獣を捕獲するのに使っていたのをみて、
ネットで大きめの魚釣り用網を購入。
hokakuami.jpg
コンセントと比べてみると、かなりの大きさなのがおわかりかと・・。

しかし、この網を見るとウチの子たちさえも怖がる始末で、
(でも、ルナは簡単に捕まえられたw)
「これは無理かな・・」と思いつつ、
キジシが来た際、ちょっと玄関先に出してみるも使用する勇気出ずw

11月あたま、キジシたちのTNRをしてくれたボランティアさんに偶然再会。
飼い主が買った捕獲器は、罠になる餌を吊り下げるタイプだったのですが、
ボランティアさんが持っていた踏み板式の捕獲器を借りることに。
(こちらのタイプの方が、罠を仕掛けるのが簡単。)
しかし、また関係ない猫が掛かるだけで、キジシは寄ってこず。

その後、また捕獲器を引き上げると、
駆け寄りやスリスリ、通常モードに戻るキジシ。
kakeyokji11.jpg
暖かくて天気の良い日が続き、仕事も忙しかったため、
普段通り、日に三度の食事を与える毎日。
kakeyokji12.jpg

このまま捕まえられないのかも、と思い始めた11月14日、
ちょうど最初のチャレンジからひと月が経った土曜日の午後、
玄関に出ると、そこにはキジシ。

ちょうどその日から雨が続くとの予報。
その日も朝、網を手に取り一度チャレンジするも、
気取られて失敗。
今回もダメかなあ、と思いつつ、
カルカンウエットとカリカリを少し出し、後ろ手に網を持ちタイミングを計る。

右を向いてカリポリしているキジシに、
左方向から、網がキジシの視界に入らないように気をつけながら、
ジリジリと詰め寄る飼い主・・・。
「いまだ!!」

網に入れることに成功♪・・したものの、
そこからキャリーに移すまでが一騒動。

途中、網枠からなんとか逃れようとするキジシを、二度ほど網の方へ押し込み、
押さえ込んだ時に思いっきり噛まれました。
厚いゴム手袋で防御してたんですが、
死にものぐるいで暴れるキジシの力は、思いのほか強く、
手袋を軽く貫通して、捕獲後に見たら、指先が血だらけでした (゜o゜;

で、なんとか相方と二人がかりでキャリー移動成功。
長い時間かかった気がするけど、たぶん10分程度のことだったでしょう。

何が起こったのかたぶんわからなかったであろうキジシ、玄関内のキャリーに黙ってとどまる。
時刻は15時半。

ミカかかりつけの動物病院に連れて行こうとするも、先生の返答がどうも頼りない。
そこで、猫保護ボランティアの知人に聞いた新たな病院に連れて行くことに→
病院に連れ出すまで玄関に小一時間、その短い間に家中に野性の臭いが!!
小雨の降る中、初めての病院。女医さんに女性の看護師。
紹介されただけあって、野良猫系に慣れている様子。

連れて行ったキャリーから、金属ワイヤーのケージに移そうとするも、
ひっくり返してもへばりついてキャリーから離れないキジシw
10度以上試みるも断念。結局そのままあずかってもらうことに・・。
シャンプーと爪切り、血液検査をお願いし、
二晩あずかってもらうことになりました。

飼い主としてはここで一段落。
でも家に戻っても、捕獲時の興奮が冷めやりませんでした。
本当にこれで良かったのかもまだわからないなあ、という想いの中、
外は土砂降りに。
「うんうん、今日捕まえられて良かった。」と自分を納得させるような夜でした。

saigonoba.jpg
キジシに出した、最後の外食。思い出の一枚。
(病院に預けて戻ったら、外はすでに雨になっていました)


そして一夜明け、まだキジシの居ない日曜日の朝9時、
キジシの匂いの影響か、ミカが突然リビングで●を始める!!
(ウンチングスタイルをとりはじめた時にそれに気づき、
ペットシーツを使って手で受け止めたww)

たぶん、捕獲する時に着ていた上着に、キジシの野性の臭いが付いたからだと思われる。

捕獲の次の日の日曜日は、こんなこともあり、次の日からの生活がどうなるか、
前途多難の想いが湧き、どことなく不安な一日でした。

次話に続く



Category: キジシ拉致

Comment (28)  

大転換(1)

皆さま、お久しぶりです。
猫ブログを始めて5年半、初めて二週間のお休みをいたしました。
ちょっと仕事が詰まっていたこともあったのですが、
そんなことでお休みはいたしませんw
実は我が家、大転換が起こりまして・・、





キジシを捕獲いたしました〜〜〜〜(゜◇゜)

kijirati1.jpg
おウチに入った二日目の朝。

事の次第を、飼い主の備忘録も兼ね、何回かにまとめて掲載いたします。
長くなりますが、お付き合いください。

事の発端は、4月13日(月)以降来なくなったララの事件。
lala224.jpg
近所の事情通に話を聞くも、どうも今ひとつ信じ切るには至らず。
しかしララがいなくなった事は事実で、
いつも一緒にいたのに
lala223.jpg
孤独になってしまったキジシのことが、
かなり心配になりました。



夏以降、キジシをウチに迎えよう、という話が持ち上がり、
客間にケージを準備し始めました。
kgjun1.jpg
IMG_3765.jpg
アイリスオーヤマの「コンビネーションサークル」というケージ。
猫専門ショップよりずいぶん安めです。
ケージをお考えの皆さまにお勧めヾ(‘ω’)ノ
ただし、組み合わせて大きなケージにする場合は、
かなり知恵を働かせないと、足りない部品が出てきます。
ショップに問い合わせても、あまり役には立ちません┐(´-`)┌
わたしの方が詳しく説明出来るかもw

10月あたまには、爪研ぎ、
kjjun3.jpg

お籠もり用ベッド、
kjjun4.jpg

食器置き、
kjjun2.jpg
など、迎えるためのグッズがすべて整いました♪

10月14日(水)、
かねてから準備していた作業用の革の手袋で捕獲を試みるも、
あえなく失敗。
走り出すキジシを見て、激しく後悔しました。
これでもう家には来なくなっちゃうかも・・、との思いは、
午後キジシが現れ、杞憂に終わり一安心。

この一件で、手では無理だ、ということで捕獲器を購入。
(いつも夜設置していたので、捕獲器の写真はありませんw)

捕獲器には当初、まちゃこさんのまちゃたびボールにまたたび粉を振りかけて、
捕獲器に仕込んだんですが、関係ない猫が一度入ったけれども扉が閉じず、失敗。

その後、しまねこさん謹製、しま汁キッカーにて、
うまい具合に仕込むことが出来、次々に猫が掛かる
(茶トラ〜キジ〜八ちゃん〜キジ2〜茶トラ2〜さびばー〜カールちゃん)も、
キジシだけは入らず(>。<)。
捕獲器を引き上げるとやって来るキジシを傍らに見つつ、
「これはこの方法では無理かな・・」と考え始めました。

次話に続く






動物愛護法・8週齢規制
プロフィール

まさぽん

Author:まさぽん
ソラ・ミカ・ルナ、
キジシの飼い主。
仔猫が生まれ捨てられた母猫ソラ、
その娘ミカ・ルナの里親になる。
2015年11月、外猫キジシを捕獲、
家猫修行訓練中。
先代は長寿キジトラ二匹。

@登場ニャン物紹介
母猫ソラ(2009/1/11生 推定)
sora1119.jpg
2017/5/17
悪性リンパ腫にて、
虹の橋を渡る。
推定8歳4ヶ月
娘1ルナ(2009/10/11生 推定)
sora1119.jpg
娘2ミカ(2009/10/11生 推定)
sora1119.jpg
さくら耳ねこキジコ
(2011/11/16生 推定)
sora1119.jpg
2015/11/14玄関前にて捕獲

@ミケバカ同盟
sora1119.jpg
ミケバカ6号

カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
メールを送る

月別アーカイブ
nekobakacalendar
クラブ活動など♪
025_sora.jpg 027_runa.jpg 026_mika.jpg supernyan_all2012.jpg waruneko09_mika.jpg koukainasiyoluna.jpg chinju10_sora.jpg chinju13_mika.jpg chinju14_runa.jpg chinju26_runa.jpg hatsuga07_runa.jpg hatsuga47_sora.jpg youkai03_sora.jpg youkaimika.jpg youkairuna.jpg zannen03_mika.jpg
「ぼく○○えもん」
dora24sora.jpg dora25_runa.jpg dora26_mika.jpg
グランドフィナーレ
(クリック拡大)
dora26_mika.jpg
「五輪猫」
dora26_mika.jpg
雑誌に載りました♪
いつでも里親募集中
~ソラたちもここから~

12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2020